64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 21:16:26.11 ID:8MF4xFzQ0

もう亡くなった大正生まれのオイラのばあちゃん、
13歳の時に親に売られて満州で売春婦してたそうな。

その時に陸軍の整備兵で好き者やった兵隊さん
(オイラのじいちゃん)に「俺の嫁になるなら身請けする」って言って、
部隊の工具や備品をパクって売って貯めたお金で身請けして嫁にしたそうな。
(じいちゃんは否定)

終戦迎えて内地に帰って…
じいちゃんは小さいながらも某牛乳メーカーの役員まで出世してそこそこ財を作った。
じいちゃん、何歳になっても女好きが治らなかったが、ばあちゃんはいつも
「私はじいちゃんがいなかったらボロボロになって死んでたやろうからじいちゃんには何も言えん」
って泣きながら笑い飛ばしてた。

しかし、そんなじいちゃんだが、女遊び以外はばあちゃんにむっちゃ尽くしてた。
ばあちゃんが何かのテレビ番組で綺麗な景色見て「いいなぁ…」ってボソッと言ったら、
2、3日後にはじいちゃんが「おい!旅行行くぞ!」ってばあちゃんが
言ってたところに大名旅行に連れて行ったり…

ばあちゃんが、何気なく肩を自分でトントンしたら、
必ずじいちゃんがすぐにばあちゃんの後ろに回って肩叩きしたり…

ばあちゃんの誕生日には必ずウェディングケーキばりのでかいケーキを買ってきて、
毎回「こんなでかいの誰が食べるのよ#」ってばあちゃん怒って…

晩年、ばあちゃんが
「わたしゃ女郎屋の女でよかった。じゃないとじいちゃんと逢えなかった…」
って話をオイラに言った2日後、昼寝したまま綺麗な寝顔のまま永眠したなぁ…


スレチやけど、ふと思い出した

ただ、世の中には「昔はよかった」と言いたがる人が、
「昔はよくなかった」と言う人よりも多そうなので、
ぼくとしては、できるだけ「いま」のほうに、
肩入れしようとします。
ずいぶんよくなったものだよなぁ、と思うことは、
いっぱいあるんですよ。

昔の「公衆」が集まる場所は、だいたい最低でした。
公衆便所は汚れていました。
そこに入るくらいならもらしてもいい、と思うくらい
とんでもなく汚い所もありました。
映画館なんかも、椅子はギシギシいってたし、
便所の悪臭やタバコの煙の匂いが充満していました。
いまの映画館や劇場なんて、
たいていの観客の自室よりきれいでしょう。
 
電車だとか、汽車だとかでも、
混んでいるということの限度を超えていて、
いまだったら考えられないくらい押し合いへし合いして、
もっと憎悪が渦巻いていたような印象でした。
いまの乗客は、よく譲りあってると思います。
雨の日の道路はぬかるみだらけでしたし、
そこを通るクルマは泥水をはね上げていました。

なんか、「公衆」というか「大衆」というか、
人がおおぜいいるという所は、いやな場所でした。
いまは、まったくそんなことないでしょう?
少しずつ少しずつ、よくなってきたんですよ。
やっぱり豊かになったのは経済ばかりというけど、
並行して豊かになったものも、あるんですよ、きっと。
ぼくは、あんな公衆便所に入りたくないし、
映画館にも行きたくない、電車だって乗りたくないです。
なつかしいなぁとも、思えないんですけどねぇ。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 目次 09/10/20 (via tsavorite) (via nemoi) (via kuj) (via nosouth) (via gkojax)
2009-10-22 (via gkojay) (via takaakik) (via mitaimon) (via e-karma) (via onhook) (via tutshie) (via itsushi) (via mayoreta) (via shortcutss) (via magurohd)
VIPルームを設けていて、曇りガラスで中が見えない状況で性行為をしていたりだとか。それは店では禁止だ、ということでお客さんを店外に出すわけですね。こうした事案が店の中でたくさん起きていたわけですけど、警察に通報すると無許可営業で取り締まりを受けてしまうので、通報しないでいた。そうした実態が今回の取り締まりで判明しました。
1967年に起こった布川事件で杉山卓男さんとともに誤認逮捕され、無罪を勝ち取るまでに44年を要した、冤罪被害者の桜井昌司さんと話す機会があった。桜井さんは無罪が確定した現在でも、当局の関係者に会うと「やったのはお前たちだと確信している」と言われるそうだ。

人気投票の結果、「横須賀潜水艦部隊」の濃厚味わいカレーが543票を得て優勝。護衛艦「ちょうかい」のシーフードカレーが462票で2位となった。横須賀市長特別賞には護衛艦「こんごう」のチキンカレーが選ばれた。参加した艦艇とカレーは以下の通り。

横須賀潜水艦部隊:濃厚味わいカレー
護衛艦「あまぎり」:天霧にくにくカレー
護衛艦「はたかぜ」:はたかぜ豚カレー
護衛艦「はるさめ」:Chicken Soup Curry
護衛艦「むらさめ」:昔懐かし「むらさめ」カレー
護衛艦「たかなみ」:燃えよ!! スパイシーカレー
護衛艦「ちょうかい」:ちょうかい特製シーフードカレー
護衛艦「おおなみ」:おおなみプレミアムカレー
護衛艦「はまぎり」:豚角煮と野菜のカレー
訓練支援艦「くろべ」:呉代表カレー
護衛艦「くらま」:内閣総理大臣喫食カレー
護衛艦「こんごう」:チキンカレー
補給艦「ときわ」:ローストビーフカレー
護衛艦「あしがら」:ビーフカレー
護衛艦「あたご」:ビーフカレー

アイドルがオーディションで優勝した時動機は「友達が勝手に応募して…」って答えるのが昔は模範解答だったけど「私はオーディションに自ら申し込むようなバイタリティに溢れたガツガツした女ではないし自分の容姿に商業的価値があることに気づいていない」と主張できる高度な政治的発言

lucythelesbian:

superior-grandtheftauto-tune:

I need waaaaaaaaaaaaaaaay more gifs like this

god bless

私は、成果をあげる人のタイプなどというものは存在しないことにかなり前に気づいた。私が知っている成果をあげる人は、気質と能力、行動と方法、性格と知識と関心などあらゆることにおいて千差万別だった。共通点はなすべきことをなす能力だけだった。