中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

 でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

asahi.com :教育 - いじめられている君へ

さかなくんは、ほんとは天使なのかもしれない。

(via 4kshike)

ある企業で聞いた話ですが、工場で働いている人たちの仕事の能率があまりに悪いので、試しに国語のテストをしたら、びっくりするくらい語彙が少なく、成績がよくなかったそうです。たしかに「うぜーな。うぜーよ。メシいこうぜ。マジっすか?」くらいの言葉で済んでしまう世界がある。(中略)それはマズいと思って、その企業は国語教育を始めたんだそうです。それで、彼らが国語が少し面白いと思い始めたあたりから、俄然仕事の効率がよくなった。

原研哉/阿部雅世『なぜデザインなのか。』

語彙が少ないと仕事の能率もわるい?:DESIGN IT! w/LOVE

— 語彙力が低い人が多く住む地域は犯罪発生率も高い、って話もあったっけ。

(via nakano) 2007-12-17 (via gkojay) (via ak47) (via joker1007) (via fukumatsu) (via yaruo)

(via ipodstyle) 2009-06-18 (via gkojay) (via l9g) (via 7z) (via merluza) (via uessai-text) (via ymrl) (via katoyuu, uqa) 2010-04-06 (via gkojay) (via indivi) (via onehalf) (via usaginobike) (via m0gyan) (via maso-tumb) (via kyoukochang)

(via o00o0o) (via mxkk)

(via ephaeth)

我が家には鉄の掟があります。

「調理した者、皿洗うべからず」

うちは夫婦共働きなので家事を分担するアイディアです。妻の方が帰りが早く平日の料理は基本的に妻、休日は僕が料理しています。するとどうしても妻の方が料理する回数が増えてしまうため、こういうルールが導入されました。

やってみると意外としっくりくるルールで、料理した後に洗い物しなくて良いって嬉しいんですよね。料理して食べてお酒飲むと皿洗い面倒じゃないですか? それが料理した後は食べるだけ。うだうだTV見ながらビール飲んで過ごせる幸せ。

逆に料理作ってもらった時は「美味しい料理をありがとう」の気持ちでお皿を洗う。とても良い。

もうひとつ利点があって、料理しながらお皿片づけられるようになりました。あんまり大量に残しておくと、家事できない人みたいでカッコ悪いんですよ。

路上にガソリンがこぼれていると虹みたいなものがみえる。
あれが本当の虹。
本当の真実。
夢。
未来。
あこがれ。
自分が好きじゃなかったら、好かれることにはなんの意味もないからね。

Short Cuts(s)

細野晴臣『分福茶釜』より

(via tutshie)

美大でプログラミングを教えている友人がぼやく。プログラミングの肝は省力化(繰り返しやしらみつぶしの作業をいかに少ない手順でやるか)にあるのに、あの子達は、延々と作業を繰り返す事をものともしない。
retrogasm:

George Bernard Shaw

retrogasm:

George Bernard Shaw